2019年7月11日木曜日

エスペランサSCサッカースクール 「夏期限定特別コース2019」開設のお知らせ!


エスペランサSCサッカースクール

「夏期限定特別コース」開設決定!!

エスペランサでは「エスペランサに興味あるけど、続けられるか不安」「夏休みだけでも参加できないか」「夏休み、家にいてもゴロゴロしているだけだからサッカーをさせられたら」という声にお応えして、今年も「夏期限定特別コース」を開設することに致しました!

エスペランサ専用の人工芝のグラウンドで、思いっきりサッカーをしましょう!


期間中、5・6年生は最高で6回、小学3・4年生は7回参加出来て、無料送迎バスもご利用いただけます。また、小学1・2年生は何と10回参加することも可能!!

しかも、費用はたったの5000円のみ!入会金、年会費、設備費等は一切必要ありません。
(スポーツ安全保険に加入を希望される方は、別途800円でご加入いただけます。)

夏休み期間中の3週間の通常練習に合流する形になります。
期間中たくさん練習して友達に差をつけるのも良し、じっくりエスペランサが自分に合うか見極めるも良し、とにかくこのチャンスを無駄にしないように、ぜひご参加ください。なお、9月から続けて通常のスクールにご入会いただける方にはスペシャルな特典を検討中!!お楽しみに!!

お申し込みはこちらから!


名称:

エスペランサSCサッカースクール「夏期限定特別コース」

場所:

野七里グラウンド(横浜市栄区野七里1-37)

日時:

小学1・2年クラス・・・火、木、金 16:10〜17:30
 (日時:7/23,25,26,30,8/20,22,23,27,29,30)

小学3・4年クラス・・・火、木   16:50〜18:10
 (日時:7/23,25,30,8/20,22,27,29)

小学5・6年クラス・・・水、金   16:50〜18:10
 (日時:7/24,26,8/21,23,28,30)

無料送迎バス:

小学3・4年生、小学5・6年生のクラスのためには、JR本郷台駅、および京急金沢文庫駅より送迎バスが出ます。特にお申し込みの必要はありません。保護者の方も一緒にご利用いただけます。発着場所・時間等詳しくはこちらをご覧ください。



お申し込み:

こちらのフォームにご記入の上、参加費5000円(保険加入希望の方は5800円)をフォームに記載の指定口座にお振り込みください。お振り込みが確認できた時点でこちらからご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ:

特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ事務局
電話:045-897-4009 (平日10:00〜17:00)
info@school-esperanza.jp

2019年6月14日金曜日

新加入選手のお知らせ

この度、エスペランサSCに下記の選手が新加入することが決まりましたのでお知らせいたします。


名前:ソウザ ・パウロ選手(Souza Paulo)
背番号:30
ポジション:FW
生年月日:1992/7/10
身長:185 cm
体重:77 kg
国籍:ブラジル
前所属:高知ユナイテッドSC


経歴:
2018 高知ユナイテッドSC
2016〜2017  FC琉球
2014〜2016  ASラランジャFC
2010〜2014  埼玉工業大学
2008〜2010  羽黒高校
2003〜2008  CFZ RIO (ZICO)
2001〜2003  Bonsucesso FC
1999〜2001  C.R Vasco da Gama




退団選手のお知らせ

この度、33. サントス・エリエジオ選手が退団することになりましたのでお知らせいたします。サントス選手は今年、福島ユナイテッドFCよりエスペランサSCに復帰いたしましたが、度重なる怪我で出場機会がほとんどなく、この度本人の希望により退団となりました。サントス選手の今後の活躍をお祈りいたします。

33. サントス・エリエジオ


2019年5月13日月曜日

【U-15試合レポート】エスペランサSC vs Uスポーツクラブ「試合の入り方。」


エスペランサSCJY vs Uスポーツクラブ
高円宮杯JFA第31回全日本U-15サッカー選手権大会 関東2部Aグループ
2019/5/12(日) 11:30 kickoff
星槎箱根仙石原G

【結果】
前半 0-1
後半 0−1
合計 0−2

【得点】
3分  7 川村(Uスポーツクラブ)
63分  7 川村(Uスポーツクラブ)

【警告】
38分 28猿橋(エスペランサ)

【スターティングメンバー】
1  中村 和心
2    越水 悠一朗
5    松薗 由翔
7    近藤 悠斗
8     出川 緒亜
10   石塚 大地 アントニオ
13   嶋根 友太
21   栗本 岳
28   猿橋 怜
31   奥津 聖己
36   五味 晃寛

【ベンチ入りメンバー】
4     井上 凌雅
9    山本 怜矢
11    緒方 快青
15   田貝 駿
23   成田 陸翔
24   山下 太陽
26   小林 俊介
32   大成 玲凰
34   勝俣 亘一朗

【交代出場】
32分  36→9    山本 怜矢
44分  31→24   山下 太陽
55分  28→23   成田 陸翔
55分  10→11    緒方 快青
55分  21→26   小林 俊介
61分  24→15   田貝 駿

【試合レポート】
U-15関東リーグは第8節。
この日の相手はUスポーツクラブ。
箱根での今シーズン初のホームゲーム。

試合は立ち上がりから動く。
前半3分。序盤の相手の攻撃に対して受け身になってしまったエスペランサ。
クリアが相手選手にあたり、そのボールを拾われ左足で鮮やかなシュートを決められてしまう。
試合開始早々での失点を許し、完全に出鼻をくじかれてしまう。
その後はブロックを作り守備をする相手に対して、ボールは保持しているもののシュートまで持っていくことができない。
CKやFKからチャンスを作っていくが、後一歩のところで得点とはならず。
前半は0-1のままハーフタイムへ。

後半も比較的ボールを保持する時間が続くエスペランサ。
しかし、焦りからか後半も攻撃が噛み合わない。
悪いボールの失い方をしては相手のカウンターを受けてピンチを迎えるような場面が増える展開に。
後半23分にはピッチ中央でのFKを意表を突くような形で決められ、0-2とされてしまう。
その後も攻撃が噛み合わずに試合終了。

絶対に落とせない試合を落としてしまった。
立ち上がりの失点で選手に焦りが出てきてしまい、そのままズルズルと80分が過ぎてしまった。
試合の入り方がどれだけ重要なのかを改めて思い知らされるような結果となった。
次節は前期の最終節。勝ち点3を獲得し、後期での巻き返しを図りたい。






【次戦のお知らせ】
5/19(日)
vs ヴァンフォーレ甲府
八田河川敷Gにて16:30ko

2019年5月10日金曜日

【U-15試合レポート】エスペランサSC vs FC LAVIDA「体感したもの。」


エスペランサSCJY vs FC LAVIDA
高円宮杯JFA第31回全日本U-15サッカー選手権大会 関東2部Aグループ
2019/5/6(月祝) 17:00 kickoff
昌平中学・高等学校

【結果】
前半 0-4
後半 0−3
合計 0−7

【得点】
7分  35石川(FC LAVIDA)
13分  11篠田(FC LAVIDA)
21分  26佐々木(FC LAVIDA)
40+1分  26佐々木(FC LAVIDA)
44分  26佐々木(FC LAVIDA)
57分  37小田(FC LAVIDA)
79分  35石川(FC LAVIDA)

【警告】
8分 26小林(エスペランサ)

【スターティングメンバー】
1  中村 和心
2    越水 悠一朗
5    松薗 由翔
7    近藤 悠斗
9    山本 怜矢
13   嶋根 友太
15   田貝 駿
21   栗本 岳
23   成田 陸翔
26   小林 俊介
31   奥津 聖己


【ベンチ入りメンバー】
4     井上 凌雅
8     出川 緒亜
11    緒方 快青
14   畑本 青
20   齋藤 祥太
22   田山 慶太
28   猿橋 怜
36   五味 晃寛
41   杉浦 悠司

【交代出場】
15分  23→28   猿橋 怜
20分  31→41   杉浦 悠司
54分  21→36   五味 晃寛
54分  41→4     井上 凌雅
64分  9→14   畑本 青
64分  15→11    緒方 快青
74分  7→8     出川 緒亜

【試合レポート】
U-15関東リーグは第7節。
エスペランサにとっては6試合目の関東リーグ。
今節の相手はここまで無敗のFC LAVIDA。

試合は立ち上がりから動く。
セットプレーから失点。その6分後にもPKを与えてしまい2失点目。
相手のスピード・パワー・技術に対してついていくことができず、失点を重ねてしまう。
初めて体感する相手のプレーに、どう対応したらいいのか分からず時間だけが過ぎていくような展開。
前半だけで4失点と、大きくリードされてハーフタイムへ。

気持ちを切り替えて後半へ。
まずはプレーしようとすること、恐れずにDFラインを上げることを再確認したことにより、前半よりも良いプレーが見えた。
それでも相手の攻撃は緩まることはなく、後半も3失点。
結局、0-7で試合終了。





全く歯が立たなかった。
この試合で体感したものは、選手たちにとって大きな何かになるに違いない。
それぞれが自分の成長の糧にしてくれるのを期待する。
前期も残り2試合。少しでも多くの勝ち点を積み重ねて後期の巻き返しを狙いたい。

【次戦のお知らせ】
5/12(日)
vs Uスポーツクラブ
星槎箱根キャンパスにて11:30ko

【U-15試合レポート】エスペランサSC vs 前橋FC「勝つって気持ちいい!」


エスペランサSCJY vs 前橋FC
高円宮杯JFA第31回全日本U-15サッカー選手権大会 関東2部Aグループ
2019/5/3(金祝) 15:00 kickoff
高崎健康福祉大学G

【結果】
前半 1-0
後半 0−0
合計 1−0

【得点】
12分  嶋根(エスペランサ)

【警告】
36分 21栗本(エスペランサ)
48分 32川口(ワセダクラブFORZA’02)
72分 28樋口(ワセダクラブFORZA’02)

【スターティングメンバー】
1  中村 和心
2    越水 悠一朗
5    松薗 由翔
7    近藤 悠斗
9    山本 怜矢
13   嶋根 友太
15   田貝 駿
21   栗本 岳
23   成田 陸翔
31   奥津 聖己
36   五味 晃寛

【ベンチ入りメンバー】
8     出川 緒亜
11    緒方 快青
14   畑本 青
20   齋藤 祥太
22   田山 慶太
28   猿橋 怜
37   建部 海知
40   細谷 空雅
41   杉浦 悠司

【交代出場】
45分  36→8     出川 緒亜
55分  9→14   畑本 青
72分  8→28   猿橋 怜





【試合レポート】
U-15関東リーグは第6節。
エスペランサにとっては5試合目の関東リーグ。
今節の相手は前橋FC。

前半立ち上がりから割とオープンな試合展開に。
両チームともにチャンスを作っていく。
エスペランサは15田貝、13嶋根の両サイドハーフを中心に攻撃を仕掛けていく。
前半12分には先制点が生まれる。
1中村の自陣ペナルティエリアからのFKを7近藤、9山本がヘディングで後ろに反らす。そのボールに15田貝も反応しボールは13嶋根の元へ。
13嶋根は右足で浮いたボールをうまくコントロールして相手をかわし、左足を振り抜いてサイドネットにうまく流し込んだ。
前半はその後もお互いにチャンスを作るが1-0のままハーフタイムへ。

後半は立ち上がりから我慢の展開。
なかなかボールを持ってプレーする時間を作れず、徐々に押し込まれて前に出ていけなくなる。
交代枠を使い切った後に、足をつる選手、接触で負傷する選手が出てくるような難しい状況の中で全員で力を振り絞って守備をする。
なんとか耐え続け、試合終了のホイッスル。

U-15関東リーグ復帰後、初勝利を掴んだ。
先制に成功し、その後は守備の時間が長くなる展開を耐えきっての勝利。
「勝つって気持ちいい」
改めてそう思えるような試合ができた。

2019年5月9日木曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs Criacao Shinjuku「前を向いて行くために」



エスペランサSC vs  Criacao Shinjuku
第53回関東サッカーリーグ2部前期第3節
2019/5/4(土) 11:00 kickoff
東京多摩フットボールセンター・南豊ヶ丘フィールド

【結果】
前半 0-1
後半 1−2
合計 1−3

【得点】
45分 55高橋(Criacao Shinjuku)
47分 6黄(Criacao Shinjuku)
74分 19大谷(Criacao Shinjuku)
76分 10古川(エスペランサSC)

【警告】
40分   2ロハスメナ・ジョアンダビド(エスペランサSC)
73分   7鈴木(エスペランサSC)
87分   13栗原(エスペランサSC)
94分   11坂本(エスペランサSC)

【退場】
92分   4佐藤(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27   市木 良
2     ロハスメナ・ジョアンダビド
22 吉野 裕太郎
39   荒川 卓哉
9     黒田 時矢
14   清水 龍秀
8     オルテガ・レオナルド・アグスティン
7     鈴木 心
10 古川 頌久
26 矢野 達基

【ベンチ入りメンバー】
52  高橋 凱士
3     江川 真矢
4     佐藤 鷹司
13   栗原 滉平
11 坂本 貴則
17   オルテガ・パブロ・セバスチャン
19   勝呂 智哉

【交代出場】
HT  14→11 坂本 貴則
HT  26→13   栗原 滉平
53分  39→19   勝呂 智哉
69分  27→4    佐藤 鷹司
89分  13→17   オルテガ・パブロ・セバスチャン

【試合レポート】
開幕3連勝という最高のスタートを切ったエスペランサ。
今節は昇格組のCriacao Shinjuku。
さらに勝ち点を積み重ねて他のチームを突き放したい。

試合は立ち上がりこそCKからピンチを迎えるが、難なくしのぐ。
その後はエスペランサペース。
CKから8オルテガ・アグスティンのヘディングシュートや、27市木のボレーシュートなどで相手ゴールに迫っていく。
相手陣地でボールを保持する時間帯も作り、サイドを中心とした攻撃を仕掛けていく。
シュートの本数でも相手を上回り、前半のうちに先制点が欲しいような展開。
そんな中、前半45分。
右サイドを崩されクロスを上げられると、ファーサイドに走り込んできた相手選手を捕まえることができず押し込まれ先制を許す。
多くチャンスを作っていただけに、痛すぎる失点となった。
そのままハーフタイムへ。

後半は立ち上がりから試合が動く。
ピッチ中央でFKを与えると、放り込んできたボールの処理にもたつき、こぼれ球を豪快に叩き込まれて失点。
後半開始早々で失点を許し、2点のビハインドを追いかける展開に。
それでもその後は前半同様にエスペランサペース。
前半には見られなかったサイドチェンジからクロスを上げてフィニッシュまで持っていくような場面を作る。
得点を奪うために全員が前に意識を持っている中の後半29分。
左サイドからの相手スローインからクロスを上げられ、走り込んでくる相手にうまく合わせられてさらに失点。痛すぎる3失点目を喫してしまう。
しかし直後の後半31分。
右サイドから9黒田がファーサイドにクロスを送ると、10古川がうまく相手選手のマークを外して頭で押し込む。
10古川の開幕4試合連続の今シーズン4点目で2点差に。
その後も得点を奪いにいくがこの日はなかなかゴールネットを揺らすことができない。
そのまま得点は奪えず試合終了。

リーグ戦初めての敗戦となった。
相手よりも多くチャンスを作っていただけに、失点のタイミングがエスペランサを苦しめた。
それでも長いリーグ戦の1試合を落としたに過ぎない。
前を向いて勝ち点を積み重ねていくことに集中していきたい。


そのためにも、今回の試合から得た教訓を大切にしていきたい。
純粋に質の高いフットボールを追求して来たつもりが、この試合内で、それを逸脱した行為があったことは否めない。それらを改めることなしに、エスペランサが目指すフットボールを受け入れてもらうことも、エスペランサが勝利し続けることもできない。だから、前を向いて行くために、間違ったものは断ち切って行かなければならない。

フットボールを逸脱した行為は認めない。
それを前提に、これからもフットボールを追求し続ける。

その事をチームとして改めて決意し、前を向いて全力で取り組んでいきたい。




【次戦のお知らせ】
5/19(日)
vs  ヴェルフェ矢板
かもめパークにて11:00ko