2018年7月17日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京国際大学FC「勝ちきれない」

エスペランサSC vs  東京国際大学FC
関東サッカーリーグ2部・後期第1節 [HOME]
2018/7/15(日) 14:00 kickoff
かもめパーク

公式記録

【結果】
前半 0-1
後半 0−0
合計 0−1

【得点】
11分 5宮下(東京国際大学FC)

【警告】
14分 13栗原(エスペランサSC)
45+3分 47江川(エスペランサSC)
82分 4佐藤(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
22 吉野 裕太郎
2   玉川 由
13   栗原 滉平
34   高山 登伊
47   江川 真矢
88 鈴木 心
17    井村 勇斗
10 古川 頌久
35   サムディオ ヴィクトル

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿崎 翔太
11 坂本 貴則
4     佐藤 鷹司
26 矢野 達基
70 中島 ひかり
28   塚越 英貴

【交代出場】
20分  20→4     佐藤 鷹司
55分  34→26 矢野 達基
64分  35→28   塚越 英貴
74分  17→11 坂本 貴則
87分  88→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節、アウェイで勝ち点を獲得したエスペランサSC。
後期第1節となる今節は東京国際大学FCをホームかもめパークに迎えての一戦。
前期での対戦では0-0のドローで終わっている。
今節のスタメンにはエスペランサユースでプレーし、ペルーでプロ選手として活躍したサムディオ ヴィクトルがエスペランサに復帰した。

試合は序盤から相手陣内に攻め込む場面を作り、35サムディオ ヴィクトルが胸トラップから左足で強烈なボレーシュートを放つなど積極的な立ち上がり。
しかし前半11分。自陣左サイドからのスローインを受けに走り込んだ相手選手を22吉野が後ろから倒してしまいPKを与えてしまう。
このPKを冷静に決められ早い時間帯での先制点を許す。
その後は両チームともにボールを落ち着かせることができず、チャンスになるような場面をなかなか作れない。
この日は気温がとても高く、危険な気候のため前半の真ん中と後半の真ん中で3分間のクーリングブレークが採用された。
クーリングブレーク後にペースをつかんだのは東京国際大学FC。
前半序盤には見せなかったショートパスを繋ぐ場面を作り、エスペランサ陣内に攻め込んでくる。
エスペランサもその攻撃に耐えると相手陣内でショートパスを繋ぎ押し込む場面を作るがなかなかシュートまで持っていけない。
前半は0-1のまま終了。ハーフタイムへ。

後半立ち上がりも前半立ち上がり同様に両チームともボールを落ち着かせことができない。
時間が進むにつれて徐々に落ち着きを取り戻すと、右サイドで短いパスを繋ぎ26矢野が10古川とのワンツーからシュートを放つがここはゴールキーパー正面。
その直後には13栗原からのパスを受けた28塚越がドリブルで左サイドの深い位置にドリブル。
そのまま左足であげたクロスに10古川が飛び込み左足で合わせるがここは枠を捉えることができず。
大きなチャンスを2つ作ったエスペランサはその後も攻め続けるが得点は奪えず後半のクーリングブレークへ。
クーリングブレーク後には相手陣内深い位置でFKを獲得し、13栗原がシュート性の早いボールをゴール前に送るが得点ならず。
その後も攻め続けたエスペランサだったが決定的なチャンスはなかなか作れず。
最後はパワープレー気味に得点を奪いに行くが試合終了のホイッスル。

今節も白星をあげることができなかった。
これでリーグ戦5試合白星から遠ざかったことになる。
今季は「悪くないのに勝てない」が多くなっている気がする。
その原因は何かはっきりはしないが下を向かず、チーム一丸となって取り組むしかない。

今節も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節は桐蔭横浜大学Gでの試合になります。現地での熱い応援をよろしくお願いいたします。
 
【次戦のお知らせ】
7/22(日)
vs  TUY(AWAY)
桐蔭横浜大学Gにて16:30ko

2018年7月16日月曜日

サッカースクール・エスペランサ 「夏期限定特別コース」開設のお知らせ!


サッカースクール・エスペランサ

「夏期限定特別コース」開設決定!!

エスペランサでは「エスペランサに興味あるけど、続けられるか不安」「夏休みだけでも参加できないか」「夏休み、家にいてもゴロゴロしているだけだからサッカーをさせられたら」という声にお応えして、今年も「夏期限定特別コース」を開設することに致しました!

エスペランサ専用の人工芝のグラウンドで、思いっきりサッカーをしましょう!


期間中、小学3・4年、5・6年生は、最高で6回参加でき、無料送迎バスもご利用いただけます。また、小学1・2年生は何と9回参加することも可能!!

しかも、費用はたったの5000円のみ!入会金、年会費、設備費等は一切必要ありません。
(スポーツ安全保険に加入を希望される方は、別途800円でご加入いただけます。)
8月の2週間だけの利用でもお得です!

夏休み期間中の3週間の通常練習に合流する形になります。
期間中たくさん練習して友達に差をつけるのも良し、じっくりエスペランサが自分に合うか見極めるも良し、とにかくこのチャンスを無駄にしないように、ぜひご参加ください。なお、9月から続けて通常のスクールにご入会いただける方には入会金を免除させていただきます!!

お申し込みはこちらから!


名称:

サッカースクール・エスペランサ「夏期限定特別コース」

場所:

野七里グラウンド(横浜市栄区野七里1-37)

日時:

小学1・2年クラス・・・火、木、金 15:50〜17:10
 (対象:7/24,26,27,8/21,23,24,28,30,31)

 小学3・4年クラス・・・火、木   16:50〜18:10
 (対象:7/24,26,8/21,23,28,30)

 小学5・6年クラス・・・水、金   16:50〜18:10
 (対象:7/25,27,8/22,24,29,31)

無料送迎バス:

小学3・4年生、小学5・6年生のクラスのためには、JR本郷台駅、および京急金沢文庫駅より送迎バスが出ます。特にお申し込みの必要はありません。保護者の方も一緒にご利用いただけます。発着場所・時間等詳しくはこちらをご覧ください。



お申し込み:

こちらのフォームにご記入の上、参加費5000円(保険加入希望の方は5800円)をフォームに記載の指定口座にお振り込みください。お振り込みが確認できた時点でこちらからご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ:

特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ事務局
電話:045-897-4009 (平日10:00〜17:00)
info@school-esperanza.jp

2018年7月11日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs tonan前橋「アウェイでの勝ち点1」

エスペランサSC vs  tonan前橋
関東サッカーリーグ2部・前期第9節 [AWAY]
2018/7/7(土) 12:00 kickoff
群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
32分 18忠田(tonan前橋)
61分 13栗原(エスペランサSC)
65分 90アラウホ(エスペランサSC)
75分 6田中(tonan前橋)
75分 22グスタボ(tonan前橋)
90+3分 28塚越(エスペランサSC)

【退場】
45+1分 7早坂(tonan前橋)
45+1分 9黒田(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
90 アラウホ ルーカス
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
8   オルテガ レオナルド アグスティン
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
11 坂本 貴則
13   栗原 滉平
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿崎 翔太
34   高山 登伊
88 鈴木 心
28   塚越 英貴
26 矢野 達基
70 中島 ひかり

【交代出場】
58分  22→88 鈴木 心
63分  47→70 中島 ひかり
71分  10→28   塚越 英貴
80分  11→26 矢野 達基
90+2分  70→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
今シーズンの関東リーグもあっという間に前期最終節を迎えた。
この日の相手は前節終了時点で首位のtonan前橋。
上位進出のためにアウェイの地で勝ち点3を奪いにいく。

試合序盤、相手の素早いパス回しに慣れるまではややペースを握られるが徐々にエスペランサのプレスが効いてくるとボール奪取の回数が増え自分たちの時間帯も増えてくる。
この日は前からガンガンにプレスをかけていく回数は少なく、自陣でしっかりとブロックを作るエスペランサ。
相手はスペースが無いために最終ラインからロングパスを送ってくるが、エスペランサ守備陣はしっかりと跳ね返し、セカンドボールを回収しようと試る。
安定した守備は見せているが、なかなか攻撃には繋がらないエスペランサ。
それでもセットプレーなどをきっかけに少しずつ相手ゴールに迫っていく。
前半アディショナルタイムにはアクシデント。
相手選手が9黒田に対して足を高く上げかなり危険なスライディングタックルを見舞うと、怒りを抑えきれなかった9黒田が相手選手を突き飛ばす。
両チーム選手・スタッフが入り乱れてピッチ内外ともに騒然となる。
このプレーに対し主審は相手選手と9黒田にレッドカードを提示。両チームともに1人少ない状況になり前半は終了。

後半立ち上がり、エスペランサはエスペランサらしく激しさを増して攻撃に守備に全員で闘う姿勢を見せていく。
プレスも前線からかけていく場面も作り、積極的な立ち上がり。
しかし前線からプレスをかけていくことによってできたスペースを相手に使われ始めるとシュートまで持っていかれる。
完璧に崩される場面はあまり無いが、後半も我慢が続く。
選手交代もうまく使いながらフレッシュな選手を投入し、攻守両面で強度を落とすことなく試合を進める。
相手陣内に押し込む時間も少しは作るが守備の時間が長くなるエスペランサ。
相手もかなり疲労の色が見え始め、カウンターが成功しかける場面を何度か作るがシュートまではいけず。
試合終盤は相手も猛攻になんとか耐えきり試合終了。

今節も勝ち点3獲得とはならなかった。
しかし、アウェイで首位相手に勝ち点1を獲得したことをポジティブに捉えるしかない。
これで今シーズンの前期は終了。2勝3分け4敗と厳しい結果となった。
下を向くことなく後期での巻き返しをチーム一丸となって狙うしかない。

この日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節はかもめパークでの後期第1節となります。
是非会場での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/15(日)
vs 東京国際大学FC(HOME)
かもめパークにて14:00ko

2018年7月3日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 早稲田ユナイテッド「なんでだろう。」

エスペランサSC vs  早稲田ユナイテッド
関東サッカーリーグ2部・前期第8節 [HOME]
2018/7/1(日) 11:00 kickoff
保土ヶ谷公園サッカー場

公式記録

アルバム(準備中)


【結果】
前半   0-0
後半 0−1
合計 0−1

【得点】
76分 88望月(早稲田ユナイテッド)

【警告】
12分 17吉岡(早稲田ユナイテッド)
56分 8オルテガ レオナルド アグスティン(エスペランサ)
68分 90アラウホ ルーカス(エスペランサ)
90分 1デーデー アンドリュー(エスペランサ)
56分 88鈴木(エスペランサ)
90+1分 10古川(エスペランサ)
90+1分 7柿沼(早稲田ユナイテッド)

【スターティングメンバー】
1     デーデー アンドリュー
27   市木 良
2     玉川 由
90   アラウホ ルーカス
13    栗原 滉平
8     オルテガ レオナルド アグスティン
9   黒田 時矢
88   鈴木 心
47   江川 真矢
26   矢野 達基
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3      柿﨑 翔太
4    佐藤 鷹司
11     坂本 貴則
22    吉野 裕太郎
34    高山 登伊
28    塚越 英貴

【交代出場】
HT 26→28    塚越 英貴
64分 9→4    佐藤 鷹司
70分 8→22    吉野 裕太郎
82分 27→11     坂本 貴則

【試合レポート】
前節、悔しい引き分けに終わったエスペランサSC。
今節はホーム保土ヶ谷で「栄Day!」と題してホームタウン横浜市栄区とのスペシャルコラボマッチ。ヨコハマ3R夢(スリム)のイーオ君、栄区いたち川のタッチー君、エスペランサのジュウジカ君とたくさんのマスコットも登場し、イベントを盛り上げた。




ミニ収集車。栄区の職員の皆さんがたくさん来て盛り上げてくださいました!!



ハーフタイムには、ごみゼロのアピール!


長野県栄村のおいしい水のウォーターサーバー!



試合は相手にチャンスを作られる我慢の立ち上がり。
しかしここを耐えきると徐々にエンジンがかかり、持ち前の激しいプレスが活き始める。
プレスがハマり始めると活き活きするのがエスペランサ。
ピッチ内だけでなく、ベンチやスタンドからの後押しでさらにプレスの強度が上がっていく。
徐々にエスペランサペースになってきた中、88鈴木があげたCKに80アラウホ ルーカスが打点の高いヘディングシュートを放つが枠を捉えることができず。
両チームともチャンスは作るが得点は奪えず、0-0でハーフタイムへ。

前半は立ち上がりこそ我慢の時間になったが、徐々にエンジンがかかったエスペランサ。
後半は立ち上がりからエンジン全開。
9黒田のスピードを活かしたドリブル突破を相手DFがペナルティエリア内で倒したかのように見えたが、ここはノーファールの判定。
その直後には13栗原の素晴らしいクロスに10古川が頭で合わせゴールを狙うがここは枠の外。
チャンスの後にはピンチがやってくる。
相手のヘディングシュートがクロスバーに助けられたり、相手が放ったシュートは枠を外れたりとヒヤッとする場面を作られ始める。
後半31分。自陣左サイドでFKを与える。
ファーサイドに流れたボールは相手選手に折り返され、その折り返しを押し込まれて先制を許す。
失点後、なんとか1点を取り返しに全員でゴールを目指すエスペランサ。
1デーデー アンドリューもCKの際は攻撃参加し得点を奪いにいく。
それでも最後まで得点を奪えず試合終了。

今節は悔しい敗戦となった。
上位陣が勝ち点を取りこぼしていただけに非常に悔やまれる。
これで全社予選による中断明け、1分け1敗。
全社予選では関東1部の格上相手に2連勝し本戦への切符を勝ち取ったが、リーグ戦では勝ちきることができない。「なんでだろう。」という思いがこみ上げてくる。
それでも下を向かずに全員で勝利目指して闘うしかない。

この日も非常に暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節はアウェイでの前期最終節になります。
ぜひ皆さんの応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/7(土)
関東2部前期9節 vs tonan前橋
群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場にて12:00ko