2016年5月11日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 日本工学院F・マリノス「自分との戦い」


エスペランサSC vs 日本工学院F・マリノス
関東サッカーリーグ2部・第6節 [home]
2016/5/7(土) 11:00 kickoff
保土ヶ谷公園サッカー場にて


【試合結果】
  [エスペランサSC   ]1-1[日本工学院F・マリノス]
   得点 70分50古川  0前0 得点 72分 9伊藤
               1後1
   警告 27分35柿崎      警告 61分16宍戸
      77分50古川
関東サッカーリーグHPより転載


【スターティングメンバー】

GK 99 中嶋 健人
DF 35 柿﨑 翔太
DF 2 月井 ミッシェル
DF 33 玉川 由
DF 26 今部 直哉
MF 7 北野 智貴
MF 8 オルテガ レオナルド アグスティン
MF 17 オルテガ パブロ セバスティアン
MF 88 鈴木 心
FW 10 井上 海希
FW 50 古川 頌久


【ベンチ入りメンバー】

GK 77 野﨑 知真
DF 23 原 正和
DF 13 栗原 滉平
MF 19 関根 友弥
MF 43 畑澤 慶次
FW 34 木村 佑之介
MF 4 藤原 裕太


【交代出場】
18分、 2→34 木村 佑之介
53分、 34→13 栗原 滉平
73分、 10→43 畑澤 慶次



【ハイライト動画】


保土ヶ谷公園サッカー場で、初めてのホームゲーム。
場所的にも使い勝手的にも、エスペランサSCにとっては現状ここが本当のホームスタジアムといえるこの場所での試合を何とか盛り上げようと、初めてながら運営面でも色々とチャレンジして臨んだ試合だった。

場外では、応援Tシャツ、応援タオルマフラー、応援キーホルダーなどのグッズ販売のほか、フェイスペイントならぬエンブレムのタトゥーシールの販売で雰囲気を盛り上げる。1000人の来場を目標に取り組んだが、実質は400人前後の来場者だったと思われるが、日本工学院F・マリノスの応援団含めて試合はスタジアムは大変良い雰囲気でスタートした。

選手たちはFIFAサッカーアンセムの音色に合わせてエスコートキッズとともに入場。
初めて取り組んだエスコートキッズは、エスペランサのジュニアチームであるダビデFCの選手たちがつとめてくれた。




試合の方は、いまひとつパッとしないエスペランサSC。何をしてもうまくいかない時期というのはどのチームにもあるのだろうが、エスペランサにとっては今がその時ではないだろうか。この一週間の過ごし方も含め、何をしてもしっくりこない、何かうまく噛み合わない。きっと選手たちは皆そんなモヤモヤを抱えたまま試合に入ってしまった感じである。

そこへ来て開始15分で、選手が接触で脳震盪を起こし交代。幸い特に大きな外傷等はなかったが、救急車を呼ぶ事態となり、選手はその不安を引きずったまま試合を続けた感じとなった。

後半になり70分、古川頌久の強烈なシュートが相手ディフェンダーのブロックも物ともせずゴールに吸い込まれてようやく先制!!しかしホッとして気持ちが緩んだのか、その2分後に失点。その後も猛攻をしのぎ、攻めの決め手を欠くまま引き分けで終了。


相手がどうこうではない。
今は、自分との戦い。
忍耐の時としか言いようがない。


神奈川ダービー3連戦の2戦目は、初戦に引き続いての引き分け。
しかしこの試合に関しては、引き分けられたのも収穫とするべきだろう。


次は絶対できる。
信じて頑張れ!みんなで応援しよう!!
















































0 件のコメント:

コメントを投稿