2018年7月25日水曜日

【JYセレクション情報】2019年度エスペランサSCジュニアユース新中1セレクション


2019年度エスペランサSCジュニアユース新中1セレクションを開催します。詳細は以下の通り。体験練習会についても後述します。

■対象:

エスペランサSC入団を希望する、現小学6年生の男子。
(2019年4月に新中学1年生となる男子)

■セレクション概要:

<日程>:1日目 2018年9月23日(日): 18:00-20:00 (受付開始)17:30
     2日目 2018年9月30日(日): 18:00-20:00 (受付開始)17:30
・セレクションは1次のみ。2次は行いません。
・一人ひとりをしっかり確認するため、両日ご参加ください。
・1日のみ参加の場合は、当日の状態で合否判断します。
<場所>:野七里グラウンド(横浜市栄区野七里1-37:無料駐車場あり)
<内容>:基本動作・技術/実戦
<合否>:9/30(日)セレクション終了後にグラウンドで発表

■セレクション参加費用について:

<参加費用>:3,000円(税込・現金のみ)(1日のみ参加の場合も3,000円です)
<支払い方法>:名前を書いた封筒に参加費用を入れ、セレクション当日に受付でお支払いください。

■お申し込みについて:

<申込方法>:以下のリンクにアクセスし、フォームを送信してください。
  https://goo.gl/forms/FOu3sLHT00B0Bv7Y2
・フォーム送信後、事務局から受付確認のメールをお送りします。数日経っても連絡がない場合、お手数ですが事務局(045-897-4009)までご連絡ください。なお週末は不在となります。あらかじめご了承ください。
<申込締切>:原則2018年9月20日(木)まで

■キャンセルについて:

キャンセルは、エスペランサSC事務局までお電話(045-897-4009)またはEメール(info@school-esperanza.jp)にてご連絡をお願いします。

■お問い合わせ:

エスペランサSC事務局 担当:佐藤、大場
電話:045-897-4009  Eメール: info@school-esperanza.jp




2018年7月24日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs TUY「忍耐の時」


エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・後期第2節 [AWAY]
2018/7/22(日) 16:30 kickoff
桐蔭横浜大学グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 1−1
合計 1−1

【得点】
57分 10古川(エスペランサSC)
90+5分 4遠藤(TUY)

【警告】
27分 10古川(エスペランサSC)
45+1分 90アラウホ(エスペランサSC)

【退場】
68分 1デーデー (エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
90   アラウホ ルーカス
2   玉川 由
17    井村 勇斗
9     黒田 時矢
47   江川 真矢
88 鈴木 心
26 矢野 達基
10 古川 頌久
70 中島 ひかり

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
11 坂本 貴則
3     柿崎 翔太
28   塚越 英貴
22 吉野 裕太郎
35   サムディオ ヴィクトル
34   高山 登伊

【交代出場】
HT  70→35   サムディオ ヴィクトル
62分  35→34   高山 登伊
62分  9→11 坂本 貴則
70分  26→99   伊能 一穂
90+7分  27→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節、ホームで敗戦となったエスペランサSC。
リーグ戦でなかなか結果が出ずに苦しい時を過ごしている。
今節の相手はリーグ3位のTUY。
これ以上勝ち点を落とせない中で上位との対戦。

試合立ち上がりペースを掴んだのはエスペランサ。
積極的に攻撃を仕掛け、70中島、47江川のシュートなどで相手ゴールに迫っていく。
立ち上がりのエスペランサの猛攻に耐えたTUYは徐々に落ち着きを取り戻し、ボールポゼッションを高めていく。
それに対してエスペランサはしっかりとブロックを作り、無理はしない姿勢。
ボールを奪えば積極的に前に仕掛けていき、相手ゴールに迫る効率のいい攻撃を見せる。
前半は良い立ち上がりから攻守両面でまとまった動きを見せたが、得点は奪えず0-0のままハーフタイムへ。

後半立ち上がりも積極的な動きを見せるエスペランサ。
前半よりも前線からのプレスを強めて相手の自由を奪っていく。
前半よりもスペースができた分、シュートまで持っていかれる場面もあるが、守備陣が慌てず対応する。
後半12分。88鈴木が中盤でボールを奪い10古川とのワンツーからドリブルで攻め上がる。
そして再び10古川とのワンツーで相手陣内深い位置まで侵入し、10古川は中央に空いたスペースに走り込む。
88鈴木が相手の股を抜く技ありのスルーパスで10古川にパスを送り、そのパスを受けた10古川は素晴らしいファーストタッチから右足を振り抜き待望の先制点。
良い時間帯で素晴らしい得点が生まれた。
しかし後半23分にはアクシデント。
相手のロングボールに対して飛び出した1デーデーが相手選手を倒してしまい、レッドカードが提示される。残りの時間を一人少ない状況で戦うことになった。
一人少ない状況のエスペランサは自陣で守備ブロックを作り相手の猛攻に耐え続ける。
シュートまで持っていかれる場面も当然増え、疲労も溜まっていく。
そんな中での後半アディショナルタイム。
左サイドを突破されクロスをあげられると、中央でフリーになった相手にボレーシュートを決められて同点にされてしまう。
その後も続いた相手の攻撃をなんとか耐え抜いて試合終了。

今節もあと少しのところで勝ち点3を獲得することができなかった。
結果的には一人退場者を出してしまったことがかなり響いてしまった。
これでリーグ戦6試合勝利から遠ざかることになった。
今は忍耐するしかない。
残された7試合を全力で戦い抜く以外に道はない。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
次節は保土ヶ谷でのホームゲームになります。
楽しいイベントも予定されているのでぜひ会場での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/28(土)
vs  日立ビルシステム(HOME)
保土ヶ谷公園サッカー場にて11:00ko

2018年7月17日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京国際大学FC「勝ちきれない」

エスペランサSC vs  東京国際大学FC
関東サッカーリーグ2部・後期第1節 [HOME]
2018/7/15(日) 14:00 kickoff
かもめパーク

公式記録

【結果】
前半 0-1
後半 0−0
合計 0−1

【得点】
11分 5宮下(東京国際大学FC)

【警告】
14分 13栗原(エスペランサSC)
45+3分 47江川(エスペランサSC)
82分 4佐藤(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
22 吉野 裕太郎
2   玉川 由
13   栗原 滉平
34   高山 登伊
47   江川 真矢
88 鈴木 心
17    井村 勇斗
10 古川 頌久
35   サムディオ ヴィクトル

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿崎 翔太
11 坂本 貴則
4     佐藤 鷹司
26 矢野 達基
70 中島 ひかり
28   塚越 英貴

【交代出場】
20分  20→4     佐藤 鷹司
55分  34→26 矢野 達基
64分  35→28   塚越 英貴
74分  17→11 坂本 貴則
87分  88→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節、アウェイで勝ち点を獲得したエスペランサSC。
後期第1節となる今節は東京国際大学FCをホームかもめパークに迎えての一戦。
前期での対戦では0-0のドローで終わっている。
今節のスタメンにはエスペランサユースでプレーし、ペルーでプロ選手として活躍したサムディオ ヴィクトルがエスペランサに復帰した。

試合は序盤から相手陣内に攻め込む場面を作り、35サムディオ ヴィクトルが胸トラップから左足で強烈なボレーシュートを放つなど積極的な立ち上がり。
しかし前半11分。自陣左サイドからのスローインを受けに走り込んだ相手選手を22吉野が後ろから倒してしまいPKを与えてしまう。
このPKを冷静に決められ早い時間帯での先制点を許す。
その後は両チームともにボールを落ち着かせることができず、チャンスになるような場面をなかなか作れない。
この日は気温がとても高く、危険な気候のため前半の真ん中と後半の真ん中で3分間のクーリングブレークが採用された。
クーリングブレーク後にペースをつかんだのは東京国際大学FC。
前半序盤には見せなかったショートパスを繋ぐ場面を作り、エスペランサ陣内に攻め込んでくる。
エスペランサもその攻撃に耐えると相手陣内でショートパスを繋ぎ押し込む場面を作るがなかなかシュートまで持っていけない。
前半は0-1のまま終了。ハーフタイムへ。

後半立ち上がりも前半立ち上がり同様に両チームともボールを落ち着かせことができない。
時間が進むにつれて徐々に落ち着きを取り戻すと、右サイドで短いパスを繋ぎ26矢野が10古川とのワンツーからシュートを放つがここはゴールキーパー正面。
その直後には13栗原からのパスを受けた28塚越がドリブルで左サイドの深い位置にドリブル。
そのまま左足であげたクロスに10古川が飛び込み左足で合わせるがここは枠を捉えることができず。
大きなチャンスを2つ作ったエスペランサはその後も攻め続けるが得点は奪えず後半のクーリングブレークへ。
クーリングブレーク後には相手陣内深い位置でFKを獲得し、13栗原がシュート性の早いボールをゴール前に送るが得点ならず。
その後も攻め続けたエスペランサだったが決定的なチャンスはなかなか作れず。
最後はパワープレー気味に得点を奪いに行くが試合終了のホイッスル。

今節も白星をあげることができなかった。
これでリーグ戦5試合白星から遠ざかったことになる。
今季は「悪くないのに勝てない」が多くなっている気がする。
その原因は何かはっきりはしないが下を向かず、チーム一丸となって取り組むしかない。

今節も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節は桐蔭横浜大学Gでの試合になります。現地での熱い応援をよろしくお願いいたします。
 
【次戦のお知らせ】
7/22(日)
vs  TUY(AWAY)
桐蔭横浜大学Gにて16:30ko

2018年7月16日月曜日

サッカースクール・エスペランサ 「夏期限定特別コース」開設のお知らせ!


サッカースクール・エスペランサ

「夏期限定特別コース」開設決定!!

エスペランサでは「エスペランサに興味あるけど、続けられるか不安」「夏休みだけでも参加できないか」「夏休み、家にいてもゴロゴロしているだけだからサッカーをさせられたら」という声にお応えして、今年も「夏期限定特別コース」を開設することに致しました!

エスペランサ専用の人工芝のグラウンドで、思いっきりサッカーをしましょう!


期間中、小学3・4年、5・6年生は、最高で6回参加でき、無料送迎バスもご利用いただけます。また、小学1・2年生は何と9回参加することも可能!!

しかも、費用はたったの5000円のみ!入会金、年会費、設備費等は一切必要ありません。
(スポーツ安全保険に加入を希望される方は、別途800円でご加入いただけます。)
8月の2週間だけの利用でもお得です!

夏休み期間中の3週間の通常練習に合流する形になります。
期間中たくさん練習して友達に差をつけるのも良し、じっくりエスペランサが自分に合うか見極めるも良し、とにかくこのチャンスを無駄にしないように、ぜひご参加ください。なお、9月から続けて通常のスクールにご入会いただける方には入会金を免除させていただきます!!

お申し込みはこちらから!


名称:

サッカースクール・エスペランサ「夏期限定特別コース」

場所:

野七里グラウンド(横浜市栄区野七里1-37)

日時:

小学1・2年クラス・・・火、木、金 15:50〜17:10
 (対象:7/24,26,27,8/21,23,24,28,30,31)

 小学3・4年クラス・・・火、木   16:50〜18:10
 (対象:7/24,26,8/21,23,28,30)

 小学5・6年クラス・・・水、金   16:50〜18:10
 (対象:7/25,27,8/22,24,29,31)

無料送迎バス:

小学3・4年生、小学5・6年生のクラスのためには、JR本郷台駅、および京急金沢文庫駅より送迎バスが出ます。特にお申し込みの必要はありません。保護者の方も一緒にご利用いただけます。発着場所・時間等詳しくはこちらをご覧ください。



お申し込み:

こちらのフォームにご記入の上、参加費5000円(保険加入希望の方は5800円)をフォームに記載の指定口座にお振り込みください。お振り込みが確認できた時点でこちらからご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ:

特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ事務局
電話:045-897-4009 (平日10:00〜17:00)
info@school-esperanza.jp

2018年7月11日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs tonan前橋「アウェイでの勝ち点1」

エスペランサSC vs  tonan前橋
関東サッカーリーグ2部・前期第9節 [AWAY]
2018/7/7(土) 12:00 kickoff
群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
32分 18忠田(tonan前橋)
61分 13栗原(エスペランサSC)
65分 90アラウホ(エスペランサSC)
75分 6田中(tonan前橋)
75分 22グスタボ(tonan前橋)
90+3分 28塚越(エスペランサSC)

【退場】
45+1分 7早坂(tonan前橋)
45+1分 9黒田(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
90 アラウホ ルーカス
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
8   オルテガ レオナルド アグスティン
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
11 坂本 貴則
13   栗原 滉平
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿崎 翔太
34   高山 登伊
88 鈴木 心
28   塚越 英貴
26 矢野 達基
70 中島 ひかり

【交代出場】
58分  22→88 鈴木 心
63分  47→70 中島 ひかり
71分  10→28   塚越 英貴
80分  11→26 矢野 達基
90+2分  70→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
今シーズンの関東リーグもあっという間に前期最終節を迎えた。
この日の相手は前節終了時点で首位のtonan前橋。
上位進出のためにアウェイの地で勝ち点3を奪いにいく。

試合序盤、相手の素早いパス回しに慣れるまではややペースを握られるが徐々にエスペランサのプレスが効いてくるとボール奪取の回数が増え自分たちの時間帯も増えてくる。
この日は前からガンガンにプレスをかけていく回数は少なく、自陣でしっかりとブロックを作るエスペランサ。
相手はスペースが無いために最終ラインからロングパスを送ってくるが、エスペランサ守備陣はしっかりと跳ね返し、セカンドボールを回収しようと試る。
安定した守備は見せているが、なかなか攻撃には繋がらないエスペランサ。
それでもセットプレーなどをきっかけに少しずつ相手ゴールに迫っていく。
前半アディショナルタイムにはアクシデント。
相手選手が9黒田に対して足を高く上げかなり危険なスライディングタックルを見舞うと、怒りを抑えきれなかった9黒田が相手選手を突き飛ばす。
両チーム選手・スタッフが入り乱れてピッチ内外ともに騒然となる。
このプレーに対し主審は相手選手と9黒田にレッドカードを提示。両チームともに1人少ない状況になり前半は終了。

後半立ち上がり、エスペランサはエスペランサらしく激しさを増して攻撃に守備に全員で闘う姿勢を見せていく。
プレスも前線からかけていく場面も作り、積極的な立ち上がり。
しかし前線からプレスをかけていくことによってできたスペースを相手に使われ始めるとシュートまで持っていかれる。
完璧に崩される場面はあまり無いが、後半も我慢が続く。
選手交代もうまく使いながらフレッシュな選手を投入し、攻守両面で強度を落とすことなく試合を進める。
相手陣内に押し込む時間も少しは作るが守備の時間が長くなるエスペランサ。
相手もかなり疲労の色が見え始め、カウンターが成功しかける場面を何度か作るがシュートまではいけず。
試合終盤は相手も猛攻になんとか耐えきり試合終了。

今節も勝ち点3獲得とはならなかった。
しかし、アウェイで首位相手に勝ち点1を獲得したことをポジティブに捉えるしかない。
これで今シーズンの前期は終了。2勝3分け4敗と厳しい結果となった。
下を向くことなく後期での巻き返しをチーム一丸となって狙うしかない。

この日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節はかもめパークでの後期第1節となります。
是非会場での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/15(日)
vs 東京国際大学FC(HOME)
かもめパークにて14:00ko

2018年7月3日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 早稲田ユナイテッド「なんでだろう。」

エスペランサSC vs  早稲田ユナイテッド
関東サッカーリーグ2部・前期第8節 [HOME]
2018/7/1(日) 11:00 kickoff
保土ヶ谷公園サッカー場

公式記録

アルバム(準備中)


【結果】
前半   0-0
後半 0−1
合計 0−1

【得点】
76分 88望月(早稲田ユナイテッド)

【警告】
12分 17吉岡(早稲田ユナイテッド)
56分 8オルテガ レオナルド アグスティン(エスペランサ)
68分 90アラウホ ルーカス(エスペランサ)
90分 1デーデー アンドリュー(エスペランサ)
56分 88鈴木(エスペランサ)
90+1分 10古川(エスペランサ)
90+1分 7柿沼(早稲田ユナイテッド)

【スターティングメンバー】
1     デーデー アンドリュー
27   市木 良
2     玉川 由
90   アラウホ ルーカス
13    栗原 滉平
8     オルテガ レオナルド アグスティン
9   黒田 時矢
88   鈴木 心
47   江川 真矢
26   矢野 達基
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3      柿﨑 翔太
4    佐藤 鷹司
11     坂本 貴則
22    吉野 裕太郎
34    高山 登伊
28    塚越 英貴

【交代出場】
HT 26→28    塚越 英貴
64分 9→4    佐藤 鷹司
70分 8→22    吉野 裕太郎
82分 27→11     坂本 貴則

【試合レポート】
前節、悔しい引き分けに終わったエスペランサSC。
今節はホーム保土ヶ谷で「栄Day!」と題してホームタウン横浜市栄区とのスペシャルコラボマッチ。ヨコハマ3R夢(スリム)のイーオ君、栄区いたち川のタッチー君、エスペランサのジュウジカ君とたくさんのマスコットも登場し、イベントを盛り上げた。




ミニ収集車。栄区の職員の皆さんがたくさん来て盛り上げてくださいました!!



ハーフタイムには、ごみゼロのアピール!


長野県栄村のおいしい水のウォーターサーバー!



試合は相手にチャンスを作られる我慢の立ち上がり。
しかしここを耐えきると徐々にエンジンがかかり、持ち前の激しいプレスが活き始める。
プレスがハマり始めると活き活きするのがエスペランサ。
ピッチ内だけでなく、ベンチやスタンドからの後押しでさらにプレスの強度が上がっていく。
徐々にエスペランサペースになってきた中、88鈴木があげたCKに80アラウホ ルーカスが打点の高いヘディングシュートを放つが枠を捉えることができず。
両チームともチャンスは作るが得点は奪えず、0-0でハーフタイムへ。

前半は立ち上がりこそ我慢の時間になったが、徐々にエンジンがかかったエスペランサ。
後半は立ち上がりからエンジン全開。
9黒田のスピードを活かしたドリブル突破を相手DFがペナルティエリア内で倒したかのように見えたが、ここはノーファールの判定。
その直後には13栗原の素晴らしいクロスに10古川が頭で合わせゴールを狙うがここは枠の外。
チャンスの後にはピンチがやってくる。
相手のヘディングシュートがクロスバーに助けられたり、相手が放ったシュートは枠を外れたりとヒヤッとする場面を作られ始める。
後半31分。自陣左サイドでFKを与える。
ファーサイドに流れたボールは相手選手に折り返され、その折り返しを押し込まれて先制を許す。
失点後、なんとか1点を取り返しに全員でゴールを目指すエスペランサ。
1デーデー アンドリューもCKの際は攻撃参加し得点を奪いにいく。
それでも最後まで得点を奪えず試合終了。

今節は悔しい敗戦となった。
上位陣が勝ち点を取りこぼしていただけに非常に悔やまれる。
これで全社予選による中断明け、1分け1敗。
全社予選では関東1部の格上相手に2連勝し本戦への切符を勝ち取ったが、リーグ戦では勝ちきることができない。「なんでだろう。」という思いがこみ上げてくる。
それでも下を向かずに全員で勝利目指して闘うしかない。

この日も非常に暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節はアウェイでの前期最終節になります。
ぜひ皆さんの応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/7(土)
関東2部前期9節 vs tonan前橋
群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場にて12:00ko

2018年6月27日水曜日

【ホームゲームイベント】7月1日 栄Day!スペシャルマッチのご案内



関東サッカーリーグ2部 前期8節
2018年7月1日(日) 11:00キックオフ
エスペランサSC vs 早稲田ユナイテッド

この日は、横浜市栄区および、横浜市資源循環局とのコラボレーションで「栄Day!」を開催いたします!!

エスペランサSCは今年度から、栄区地域振興課と横浜市資源循環局とコラボして、JR本郷台駅前の清掃と「ゴミポイ捨て禁止」の啓発活動に取り組んでいます。そのつながりもあって、今回は夢のコラボレーションが実現!

なんと子供達に人気のマスコットたちが保土ヶ谷に集結します!
・エスペランサ応援マスコットの「ジュウジカ君」
・栄区いたち川のマスコット「タッチー君」
・ヨコハマ3R夢(スリム)のマスコット「イーオ君」

一緒に写真を撮って、みんなに自慢しちゃおう!


また「ミニ収集車」に乗れるコーナーもあるので、ぜひご家族の皆さんでお越しください!!


その他にも、横浜市栄区と友好関係にある「長野県栄村」の美味しい天然水のサーバーも設置いたします。こちらもぜひご利用ください!


もちろん、試合そのものも熱い戦いをお約束いたします!
ぜひ、7月1日はホーム保土ヶ谷で、ともに最高の時を過ごしましょう!!


2018年6月26日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 神奈川教員SC「リーグ戦再開」

エスペランサSC vs  神奈川教員SC
関東サッカーリーグ2部・前期第7節 [HOME]
2018/6/24(日) 11:00 kickoff
かもめパーク

公式記録

アルバム (@ratel_netさんより拝借。今回もエスペランサSCについて、新たに記事を書いてくださっています。)


【結果】
前半   0-0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
24分 6田中(神奈川教員SC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27   市木 良
90   アラウホ ルーカス
2   玉川 由
13    栗原 滉平
88   鈴木 心
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
4   佐藤 鷹司
26   矢野 達基
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
11    坂本 貴則
3     柿﨑 翔太
18    山上 雄大
33   具志 敬士
24    山本 和委
28    塚越 英貴

【交代出場】
60分 4→33   具志 敬士
74分 26→11    坂本 貴則
83分 9→28    塚越 英貴

【試合レポート】
全社予選を見事突破し、勢いに乗るエスペランサSC。
この日の相手は同じ神奈川県を本拠地にする神奈川教員SC。
全社予選での勢いをリーグ戦でも継続し上位に食い込んでいきたい。

前半立ち上がりからボールを落ち着かせることができたエスペランサ。
右サイドを中心に突破を試みるがなかなかチャンスを作るまではいかない。
長い時間ボールを保持できているものの、突破口を見出せず攻めあぐねる。
その中でカウンターを受けてピンチを迎える場面も出てくる。
攻めきることができずにいると徐々に相手にボールを保持され我慢の時間帯。
90アラウホ ルーカスが相手の放ったシュートをゴールラインぎりぎりのところで防ぐなど、ヒヤッとする場面も作られるがなんとかしのぐエスペランサ。
ピンチの後は再びエスペランサの時間帯に。
9黒田のクロスから10古川へと渡り、シュートまで持って行く場面を何度か作りゴールに迫る。
両チームともにゴールに迫る場面を作るも得点は生れずスコアレスでハーフタイムへ。

後半立ち上がりもエスペランサが主導権を握り、試合を優位に進める。
ディフェンスラインの背後を狙うパスが何本か通ったかに見えたがオフサイドの判定となり、攻め切ることができない。
後半15分にはエスペランサユース所属の具志 敬士がTOPチームデビューを果たし、攻めあぐねる展開を打破することに期待がかかる。
後半も前半と同じく、9黒田からのクロスボールで多くのチャンスを作って行くエスペランサ。
前半よりもゴールに迫るが決め切ることができない。
1デーデー アンドリューのパントキックから10古川が抜け出し放ったボレーシュートも相手GKのファインセーブにあい得点とはならない。
最後まで得点を奪いに行くが、ここで試合終了のホイッスル。

リーグ再開初戦を勝利することができなかったが、勝ち点1を獲得した。
全社予選で得た良い流れを殺すことなくリーグ戦で結果を残さなければいけない。

この日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節は久々の保土ヶ谷ホームゲームになります。
楽しいイベントも予定されていますので、ぜひ会場での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/1(日)
関東2部前期8節 vs 早稲田ユナイテッド
保土ヶ谷公園サッカー場にて11:00ko

2018年6月19日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京23FC「全社!!」


エスペランサSC vs  東京23FC
全国社会人サッカー選手権関東予選 3回戦
2018/6/17(日) 13:30 kickoff
RKUフットボールフィールド

公式記録

写真 (@ratel_netさんより拝借。エスペランサSCについて記述してくれたこの記事もオススメです。)


【結果】
前半   2-0
後半 1−0
合計 3−0

【得点】
15分 9黒田(エスペランサSC)
37分 10古川(エスペランサSC)
72分 4佐藤(エスペランサSC)

【警告】
62分 10古川(エスペランサSC)
67分 13栗原(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
47   江川 真矢
2   玉川 由
90   アラウホ ルーカス
13    栗原 滉平
17    井村 勇斗
27   市木 良
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88   鈴木 心
10 古川 頌久
9   黒田 時矢

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿﨑 翔太
22   吉野 裕太郎
4   佐藤 鷹司
11    坂本 貴則
24   山本 和委
70   中島 ひかり

【交代出場】
56分 17→4   佐藤 鷹司
61分 9→11    坂本 貴則
73分 27→22   吉野 裕太郎
74分 88→ 3     柿﨑 翔太

【試合レポート】
ついに全社本戦出場まであと1勝。
この日の相手は関東1部の東京23FC。
関東1部の強豪チームではあるが、全社出場のために倒さなければいけない。

エスペランサはシュートを何本か放つなどとても良い立ち上がりを見せる。
とても良い入り方ができた中での前半15分。
左サイドのハーフウェーライン付近の狭いスペースを17井村、10古川、88鈴木で崩し、88鈴木が逆サイドの9黒田にグラウンダーでクロスのようなスルーパスをDFラインの背後に通す。そのボールを9黒田がダイレクトでしっかり決めて先制に成功する。
先制後、さらにエスペランサは勢いを増してプレスをかけていく。
そのプレスに慣れてきた相手に徐々に押し込まれチャンスを作られる場面も出てくる。
しかしそれでも慌てないエスペランサ。しっかりとブロックを作り固い守備を見せる。
相手の攻撃をしっかり防いだ後はチャンスがやってくる。
前半37分、88鈴木があげたCKはファーサイドに抜けていく。そのボールを拾った90アラウホ ルーカスが再び折り返すとそのボールを8オルテガ アグスティンがファーサイドで頭で中央に折り返し、最後は10古川が頭で押し込み追加点。
そのまま前半が終了し2-0でハーフタイムへ。

後半はしっかりとブロックを作り守備から入る姿勢を見せるエスペランサ。
ボールを奪ってからは積極的に前に突き進み、追加点を奪いにいく。
カウンターからピンチを迎えたり、崩されかけたりする場面も出てくるが全員で体を張って守備をする。
試合が進むにつれて両チーム激しさを増し、かなり熱い試合展開に。
それでも守備では冷静さを保ち、全員で守備を続けるエスペランサ。
またまた相手の攻撃を防いだ後にはチャンスがやってくる。
27市木が体を投げ出し奪ったボールを拾った4佐藤がクリア気味に前線に放り込む。
そのボールは相手DFに先に触られるが、10古川がファールなしでうまく相手から奪いドリブル開始。
ペナルティエリアに入ったところで切り返し、クロスボールを送る。
そこに走り込んだのは自陣でクリア気味にボールを放り込んだ4佐藤。左足で冷静に流し込んでさらに追加点。
またしても最高の時間帯に追加点を奪うことに成功した。
その後は22吉野、3柿崎を投入しより守備を固めて勝利を目指す。
最後まで全員で守備をするエスペランサ。
そして試合終了のホイッスル。

全社本戦出場権を獲得した。
リーグ戦でなかなか結果が出ずに苦しんだが、この3試合を8得点0失点と攻守両面で噛み合ったエスペランサ。
この勢いをリーグ戦に活かし、巻き返しを狙う。



この日も遠い会場にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました。
全社本戦は10月に茨城県で開催です。
引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
6/24(日)
関東2部前期7節 vs 神奈川教員SC
かもめパークにて11:00ko

2018年6月11日月曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 横浜猛蹴「エスペランサの雰囲気」


エスペランサSC vs  横浜猛蹴
全国社会人サッカー選手権関東予選 2回戦
2018/6/10(日) 14:00 kickoff
桐蔭横浜大学グラウンド
【結果】
前半   0-0
後半 1−0
合計 1−0

【得点】
27分 10古川(エスペランサSC)

【警告】
13分 9黒田(エスペランサSC)
30分 33熊谷(横浜猛蹴)
35分 6高原(横浜猛蹴)
50分 13栗原(エスペランサSC)
52分 8齋藤(横浜猛蹴)
62分 47江川(エスペランサSC)
72分 5石川(横浜猛蹴)
73分 8オルテガ・アグスティン(エスペランサSC)
77分 27市木(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27   市木 良
90   アラウホ ルーカス
2   玉川 由
13    栗原 滉平
47   江川 真矢
88   鈴木 心
8   オルテガ レオナルド アグスティン
17    井村 勇斗
9   黒田 時矢
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿﨑 翔太
4   佐藤 鷹司
11    坂本 貴則
22   吉野 裕太郎
24   山本 和委
70   中島 ひかり 

【交代出場】
66分 13→4   佐藤 鷹司
74分 9→11    坂本 貴則
77分 27→22   吉野 裕太郎
84分 88→70   中島 ひかり 

【試合レポート】
先週の全社予選1回戦を勝利したエスペランサSC。
2回戦の相手は関東1部の横浜猛蹴。
カテゴリー的には格上との対戦になるが、全社本戦出場のために乗り越えなければいけない最初の大きな壁となる。

試合は立ち上がりから両チーム激しいプレーが多く見られ非常にテンションの高い入りを見せる。
その中でもボールを持った時にはしっかりとパスをつなぎ、シュートを放つ場面も作るとても良い立ち上がり。
多くの時間を相手陣内で過ごし、13栗原、17井村、88鈴木が左サイドでいい連携からのクロスボールや、ペナルティエリア付近でFKを獲得するなど積極的な攻撃を見せる。
時間が進むにつれて相手も息を吹き返しボールを保持する時間が増えてくるが、エスペランサは慌てることなく集中した守備を見せ対応する。ボールを奪えばカウンターで勢いよく攻めあがる場面も作り、得点を奪いにいく。
それでも得点は奪えずハーフタイムへ。

後半も非常に良い入りを見せるエスペランサSC。
右サイドから9黒田が17井村や10古川の頭に合わせてチャンスを演出する。
そろそろ得点が欲しいなか迎えた後半15分。
1デーデー アンドリューからのパントキックを10古川がピタリと足元に収める。そこから相手DFを難なくかわしてペナルティエリアに侵入すると、相手GKが飛び出してきたところでループシュートを放ち相手DFが必死に戻りクリアを試みるがクリアしきれずゴールイン。待望の先制点を獲得する。
さらに先制直後の後半17分、右サイドでボールを奪い9黒田がハーフウェーライン付近からドリブルを開始。
相手DFをぶっちぎりペナルティエリアに侵入したところで相手DFがたまらずファールを犯しPKを獲得。
しかし10古川が放ったシュートは相手GKのファインセーブに阻まれ得点とはならない。
先制後は無理することなく自陣でブロックを作り、ことごとく相手の攻撃を跳ね返していく。
ピンチといえばセットプレーくらいで、安定した守備を見せ続ける。
ラストプレーのFKでは相手GKも攻撃に参加するがここも難なくしのいで試合終了。

全社予選2回戦を突破した。
終始エスペランサのペースで試合を進めることができた。
終わってみれば両チーム合わせて9枚のイエローカードが出た非常に熱い展開となったこの試合であったが、エスペランサの雰囲気で相手チームを圧倒することができた。

次戦の相手は同じく関東1部の東京23FC。
この日のような熱い戦いで相手を圧倒することができれば勝利することは間違いない。
そして全社本戦出場を勝ち取ろう。

この日も雨の中たくさんの応援ありがとうございました。
次戦は再び茨城県のRKUフットボールフィールドでの試合になります。
遠い会場ではありますが、現地での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
6/17(日)
全社予選 vs 東京23FC
RKUフットボールフィールドにて13:30ko

2018年6月8日金曜日

サッカースクール・エスペランサ 日本代表応援キャンペーン!


サッカースクール・エスペランサでは、サッカー日本代表応援キャンペーンを開催することになりました!!

いよいよ始まる、4年に一度のサッカーの祭典。
大人の事情はさておいて、やっぱりサッカー日本代表、そしてワールドカップは子供達の憧れの舞台なんです。そしてこの時期は、みんなが大好きなサッカーが、一番注目を浴びて、みんなで一緒に成長できるチャンス。

今こそ、俺たちが、日本のサッカーを盛り上げなくてどうする!!

ということで、エスペランサでは緊急企画「サッカー日本代表応援キャンペーン!」を開催することにいたしました。


特典1「無料体験し放題!」

野七里、鎌倉、大船のどのスクールにも、何回でも体験していただくことが可能です!!まだエスペランサの会員でない方はもちろん、エスペランサの会員も別会場で練習を体験するチャンス!!ただし、必ず事前申し込みをお願いします。

無料体験のお申し込みは、こちらをクリック!

特典2「10,000円キャッシュバック!」

ワールドカップ期間中に入会申し込みをされた方は、入会金5000円が無料!
さらに、日本代表の予選最終戦がある前日(6/27)までに、スクールへの入会をされた方にはWチャンスがあります!日本代表が予選突破を決めた場合は、なんと10,000円のキャッシュバック!!そしてさらに、お子様にはサッカーボールのプレゼント!!
エスペランサ会員が期間中に回数を増やした場合にも適用になります。

これは日本代表を応援しない訳にはいきませんね!!

なお、キャッシュバックは入会(追加)から12ヶ月在籍することが条件になります。



お問い合わせ:
特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ
TEL 045-897-4009   info@school-esperanza.jp

2018年6月6日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 茨城教員葵FC「初戦突破!」


エスペランサSC vs  茨城教員葵FC
全国社会人サッカー選手権関東予選 1回戦
2018/6/3(日) 13:30 kickoff
RKUフットボールフィールド
【結果】
前半   3-0
後半 1−0
合計 4−0

【得点】
27分 9黒田(エスペランサSC)
27分 10古川(エスペランサSC)
37分 88鈴木(エスペランサSC)
82分 8オルテガ・アグスティン(エスペランサSC)

【警告】
38分 88鈴木(エスペランサSC)
46分 17小松(茨城教員葵FC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27   市木 良
90   アラウホ ルーカス
4   佐藤 鷹司
13    栗原 滉平
47   江川 真矢
88   鈴木 心
8   オルテガ レオナルド アグスティン
17    井村 勇斗
9   黒田 時矢
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
2   玉川 由
19 吉瀬 優大
22   吉野 裕太郎
28   塚越 英貴
29   横山 嘉則
70   中島 ひかり 

【交代出場】
HT  90→2   玉川 由
56分  47→47   江川 真矢
66分  17→19 吉瀬 優大
69分  88→70   中島 ひかり 
71分  9→28   塚越 英貴 

【試合レポート】
全社予選1回戦の対戦相手は茨城県第2代表の茨城教員葵FC。
昨シーズンは全社本戦に出場できず悔しい思いをした。
本戦出場を勝ち取るためにとても重要な初戦。

序盤、ボールを保持し試合のペースを握るのはエスペランサ。
しかし引いてくる相手に対して攻め切ることができない。
カウンターを受ける場面も出てくるが、そこは守備陣が難なく対応する。
前半27分、相手ペナルティーエリア付近に押し込み、こぼれ球を拾った10古川と13栗原のワンツーから右サイドで待ち構える9黒田にパスが渡る。
その9黒田が右足を振り抜いてゴール右上隅に豪快に決めて先制に成功する。
さらに前半29分には追加点。左サイドでテンポのいいパス回しを見せると、8オルテガ アグスティンと10古川のワンツーで中央に侵入。右サイドでまたしても待ち構える9黒田にパスが渡りダイレクトで中央に折り返す。
その折り返しを10古川が右足で蹴り込み追加点。
立て続けの得点で完全にペースを掴む。
前半37分にはまたまた追加点。4佐藤のパスを受けた9黒田があげたクロスを10古川がヘディングで合わせる。そのシュートは惜しくもポストに嫌われたが88鈴木がこぼれ球に反応し、角度のないところからの難しいシュートを決める。
立て続けに得点を奪いハーフタイムへ。

後半立ち上がりは相手にボールを握られる時間が増えてくるが、特に攻め込まれる場面も作らせずうまく対応する。
時間が進むにつれてエスペランサがボールを持つ時間が増え、相手陣地深いところで攻撃を続ける。
なかなか追加点が奪えず、相手にシュートまで持っていかれる場面も作られてしまうが失点は許さない。
試合終了間際の82分。中央で8オルテガ・アグスティンがボールを奪い、左サイドの19吉瀬に展開する。
19吉瀬がマイナスのクロスをあげると、中央に走り込んだ8オルテガ アグスティンがワントラップから右足を振り抜いてダメ押し。
そして4-0のまま試合終了。

全社予選1回戦をしっかり勝利することができた。
前半に立て続けに得点を奪い、楽に試合を進められたことが大きな勝因かもしれない。
そして次戦は関東1部の横浜猛蹴。
本戦出場のために必死に戦い勝利しなければいけない。

この日も遠い会場にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました。
次戦は桐蔭横浜大学での試合になります。ぜひ会場での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
6/10(日)
全社予選 vs 横浜猛蹴
桐蔭横浜大学にて14:00ko

2018年5月23日水曜日

第3回 日韓親善ピンポンまつり開催のお知らせ

第3回 日韓親善ピンポンまつり卓球大会
(温泉卓球レベルでもだれでも大歓迎です。大会の終了後に親善パーティーがあります。)

主催:特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ
後援:横浜市栄区、一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟、一般財団法人オアシス
協賛:XIOM チャンピオン社

この度、韓国よりナショナルチームのメンバー数名と一般の卓球愛好家を迎え、日韓親善卓球大会を開催することとなりました。一般レベルでのピンポン外交国際交流、スポーツを通して卓球愛好者との親睦と技術の向上を図ります。初めての方からベテランの方まで老若男女問わず楽しめる大会にしたいと思います。
大勢の方のご参加をお待ちしています。


日 時
2018 年7 月28 日(土)
受付9:00開始、開会式9:30、親善パーティー18:15~19:45

会 場
横浜市栄スポーツセンター 横浜市栄区桂町279-29 ℡ 045-894-9503
JR 京浜東北線/ JR 根岸線/ JR 横浜線 『本郷台駅』下車 徒歩9 分
※駐車場は台数に限りがあり、混雑が予想されます。 なるべく公共交通機関をご利用ください。

参加資格
卓球が好きな方。卓球を始めてみようかなと思っている方。横浜市栄区とその近郊の在住在勤在学の方。国際交流に興味のある方。外国の方も大歓迎です。※以上のどれか一つに当てはまれば OK です。


予定ゲスト
・朴知賢(パク・ジヒュン、元韓国ナショナルチーム監督)
・梁英子(ヤン・ヨンジャ、ソウル五輪女子ダブルス金メダル)
・劉南奎(ユ・ナムギュ、ソウル五輪男子シングルス金メダル)
・洪次玉(ハンチャオク、バルセロナ五輪女子ダブルス銅メダル)
・佐原有美(韓国人名:李仙リ・ソン:85 世界卓球韓国代表、87 全韓国選手権優勝、12,13,14,15 全日本選手権マスターズの部優勝)
・伊藤槙紀(リオデジャネイロパラリンピック入賞)、パラリンピック強化選手の皆様

詳細、お申し込みは、こちらから。(PDFファイルが開きます)

お問い合わせ
〒247-0024 横浜市栄区野七里 1-38-6 NPO 法人エスペランサ・スポーツクラブ
卓球担当: 野村 剛
TEL090-9129-0686 メールアドレス:esp.pingpong@gmail.com


2018年5月21日月曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs アイデンティみらい「波に乗り切れない」


エスペランサSC vs  アイデンティみらい
関東サッカーリーグ2部・前期第6節 [AWAY]
2018/5/20(日) 11:00 kickoff
みらい平グランド



【結果】
前半 1-0
後半 0−0
合計 1−0

【得点】
38分 9吉葉(アイデンティみらい)

【警告】
15分 9黒田(エスペランサSC)
26分 9吉葉(アイデンティみらい)
43分 8オルテガ アグスティン(エスペランサSC)
56分 18鈴木(アイデンティみらい)
87分 28郡司(アイデンティみらい)
90+1分 1デーデー アンドリュー(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
2   玉川 由
4   佐藤 鷹司
90   アラウホ ルーカス
13    栗原 滉平
8   オルテガ レオナルド アグスティン
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
17    井村 勇斗
7     北野 智貴

10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
3     柿崎 翔太
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
26 矢野 達基
19 吉瀬 優大
15 麻生 大暉 

【交代出場】
81分  2→11    坂本 貴則
85分  7→19 吉瀬 優大
89分  4→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節、勝利し連勝を飾ったエスペランサSC
今節の対戦相手は昇格組のアイデンティみらい。3連勝を飾り波に乗りたい。

試合は立ち上がりから押し込まれる展開。
ジャッジにもかなり苦しめられ、セットプレーからチャンスを作られる。
そんな中でもなんとかボールを落ち着かせて自分たちの時間を作ろうとするが、なかなか自分たちの時間は作れず我慢の展開が続く。
そんな我慢が続いた前半38分。左サイドから中央へパスを通され、そのパスを受けた選手がドリブルでカットインしてシュートを放つ。そのシュートに反応した相手選手が頭で流し込むような形で失点。
ここまでなんとか我慢してきたが、前半終盤で先制を許す。
失点直後のCKは得意の形で10古川がシュートを放ちそのこぼれ球に反応した4佐藤もシュートを放つがここは決めきれない。
その後もゴール前まで迫るチャンスを何度か作るも前半終了。
1点ビハインドのままハーフタイムへ。

後半は一転してエスペランサペース。
相手陣内でのプレーが多くなりチャンスも増えていく。
終始押し込み続け、決定的なチャンスも何度か作るがこの日はゴールが遠いエスペランサ。
徐々に疲労も見え始め時計の針だけが進んで行く。
最後は前がかりになったところでカウンターをくらう場面も出てくる苦しい展開に。
そして試合終了のホイッスル。

3連勝とはならなかった。
ここでリーグ戦は一旦中断し、次戦は全社予選。
全社本戦出場権を獲得し、その流れをリーグ戦に活かしていきたい。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
3連勝とはなりませんでしたが、まずは全社本戦出場を決めるべくチーム一丸となって取り組んでいきます。
引き続き応援をよろしくお願い致します。

【次戦のお知らせ】
6/3(日)
全社予選 vs 茨城県第2代表
RKUフットボールフィールドにて13:30ko

2018年5月7日月曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 横浜GSFCコブラ「下を向かない」


エスペランサSC vs  横浜GSFCコブラ
関東サッカーリーグ2部・前期第5節 [AWAY]
2018/5/6(日) 14:00 kickoff
かもめパーク

公式記録

【結果】
前半 2-2
後半 1−0
合計 3−2

【得点】
6分 9志連(横浜GSFCコブラ)
16分 9黒田(エスペランサSC)
23分 3曽谷(横浜GSFCコブラ)
26分 9黒田(エスペランサSC)
53分 10古川(エスペランサSC)

【警告】
9分 88鈴木(エスペランサSC)
44分 28海老沢(横浜GSFCコブラ)
86分 8オルテガ・アグスティン(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】

1   デーデー アンドリュー
11 坂本 貴則
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
17    井村 勇斗
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88 鈴木 心
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
26 矢野 達基
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
3     柿崎 翔太
13    栗原 滉平
18 山上 雄大
7     北野 智貴
19 吉瀬 優大
70   中島 ひかり

【交代出場】
46分  26→13    栗原 滉平
60分  9→7    北野 智貴
75分  7→70   中島 ひかり
92分  70→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節今シーズン初勝利をあげたエスペランサSC。
今節は同じ横浜市に本拠地を置く横浜GSFCコブラとの一戦。
上位進出のためには絶対に落とせない。

試合は立ち上がりから動く。
前半6分、左サイドを崩されDFラインの背後を取られると右足ボレーをニア上に決められて失点。
立ち上がり早々に失点を許し、出鼻をくじかれる。
しかし失点後は下を向くことなく良い攻撃をする場面を作る。
前半16分には、CKのこぼれ球に反応した9黒田が右足で抑えの効いたボレーシュートが決まり同点に追いつく。失点から早い時間で追いつくことに成功した。
エスペランサが同点に追いついた後は再び相手の時間帯。決定的なピンチを作られヒヤリとさせられる。
相手の時間が続いた中での前半23分。右サイドタッチライン際で与えたFKをDFラインとGKの間に放り込まれ、走りこんできた相手選手が頭で合わせ失点。再びリードを許す。
失点直後の前半26分。47江川のハーフウェーライン付近からのロングスローを10古川が競り合いの強さを見せ、そのこぼれ球を88鈴木が拾い相手ペナルティーエリア内に侵入。中への折り返しに合わせた26矢野のシュートはキーパーに阻まれるが、最後は9黒田が左足で押し込み再び同点に。
またしても失点直後の早い時間帯で追いつくことに成功する。
その後はエスペランサペースで試合が進んでいくがスコアは動かず2-2でハーフタイムへ。

後半立ち上がりもエスペランサペース。
後半8分にはCKを獲得し、88鈴木のキックを10古川が打点の高いヘディングを叩き込んで逆転に成功。
後半開始早々に逆転に成功する。
その後はポゼッションを高めようとする相手のボール回しに対してエスペランサのプレスがハマる回数が増え、ショートカウンターでのチャンスを作っていく。
徐々に疲労も見え始め、相手にチャンスを作られる場面も出てくるが最後の最後で体を張って防ぐエスペランサ。しっかりとブロックを作り集中した守備を見せる。
そして試合終了のホイッスル。

2度のリードを許す難しいゲームを勝利し、2連勝を達成した。
失点した後に下を向かずにすぐに追いつけたことが勝因の1つになった。
これで今シーズン2勝2敗1分けの勝ち点7で4位に浮上した。
ここから勝ち点を積み重ね上位進出を目指す。

この日も暑いなかたくさんの応援ありがとうございました。
次節は再び1週間空いて5/20(日)になります。会場は茨城県ですがぜひ会場での応援をお願いいたします。

【次節のお知らせ】
5/20(日)
vs アイデンティみらい(AWAY)
みらい平グラウンドにて11:00ko

2018年5月3日木曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs エリース東京「エスペランサらしさ」


エスペランサSC vs  エリース東京
関東サッカーリーグ2部・前期第4節 [HOME]
2018/4/29(日) 11:00 kickoff
かもめパーク




【結果】
前半 2-1
後半 3−1
合計 5−2

【得点】
29分 37山本(エリース東京)
41分 10古川(エスペランサSC)
45+3分 10古川(エスペランサSC)
49分 88鈴木(エスペランサSC)
55分 10古川(エスペランサSC)
68分 9黒田(エスペランサSC)
80分 9渋澤(エリース東京)

【警告】
24分 90ルーカス(エスペランサSC)
28分 8オルテガ・アグスティン(エスペランサSC)
45分 90ルーカス(エスペランサSC)
61分 22吉野(エスペランサSC)
85分 22吉野(エスペランサSC)

【退場】
45分 90ルーカス(エスペランサSC)
85分 22吉野(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
13    栗原 滉平
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
17    井村 勇斗
88 鈴木 心
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス



【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
18 山上 雄大
11 坂本 貴則
29 横山 嘉則
47   江川 真矢
19 吉瀬 優大
26 矢野 達基

【交代出場】
68分  9→11 坂本 貴則
70分  17→47 江川 真矢
90+1分  88→26 矢野 達基
90+3分  10→18  山上 雄大

【試合レポート】
開幕から3試合勝利から遠ざかるエスペランサSC
昨シーズンも初勝利をあげたかもめパークでの勝利を目指す。

前半、風下に陣地を取ったエスペランサSCは立ち上がり早々にはFKでチャンスを作るがその後はなかなかゴールに迫れず我慢の展開。
前半29分、自陣中央での相手FKがバーに当たった跳ね返りを拾われ、中央へ折り返されるとうまくボレーで合わせられ失点。かと思われたがFKの際に相手にオフサイドがあったとして主審はノーゴールの判定。
しかしエリース東京の選手、監督がレフェリーに詰め寄り抗議すると判定が再び覆りゴールが認められる。
エスペランサSCとしてはかなりモヤモヤする形で先制を許す。
前半40分、17井村→10古川→9黒田と繋ぎ中央にクロスを送ると4佐藤が競合った所のこぼれ球を10古川が頭で押し込んで同点に。

ところが前半45分、90アラウホ・ルーカスがこの日2枚目の警告を受けて退場となり一人少なくなる。
それでも前半45+3分には追加点。CKを得意のセットプレーから10古川が得点をあげて逆転に成功する。
そのまま前半が終了しリードを得てハーフタイムへ。



後半は立ち上がりから試合が動く。
後半3分、右サイドで奪ったボールを細かいパスで9黒田に繋ぎ、右足でクロスを上げるとこれが逆サイドに走り込んできた88鈴木の頭にドンピシャ。88鈴木がうまく頭で合わせてものすごく良い時間帯で追加点をあげる。



後半10分には再び追加点。 88鈴木が上げたCKのボールに対する競り合いの中で10古川がファールを受けてPKを獲得。このPKをきっちり決めて10古川はハットトリック達成。
後半14分にはエスペランサSCもPKを与えてしまうが、ここは1デーデー アンドリューが左手1本でPKストップ。相手に得点を与えない。


後半23分にはさらに追加点。自陣からのFKが相手DFラインの裏に抜けると、9黒田が持ち味のスピードを活かして抜け出し、飛び出してきた相手GKよりも先に頭で触りそのままゴールに吸い込まれた。


しかしこのプレーで9黒田が相手GKと激しく接触し頭を強く打ったため交代を余儀なくされる。
9黒田の気持ちのこもったプレーで追加点を奪ったエスペランサSCはこれで5-1と大きくリードする。
後半35分にはこの日2回目となるPKを与えてしまい、今度は決められて失点。5-2となる。
後半40分には22吉野もこの日2枚目のイエローカードで退場となり、この日2人目の退場者を出してしまう。
それでも残り時間は自陣ペナルティーエリア前でブロックを作り集中した守備で相手の攻撃を守りきり試合終了。

得点も多く生まれ、退場者も多く出るエスペランサらしさ全開の試合になった。
これでやっとクラブ全体が待ち望んだ今シーズン初勝利。開幕から続く嫌な流れを断ち切ることができた。
退場者が出るとなぜか強さを発揮するエスペランサSC。その強さが今シーズン初勝利を手繰り寄せた。
それでもまだまだ満足することなく次節以降の勝利を目指して戦わなければならない。

この日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節もみなさんに勝利をお届けできるように全力でチーム一丸となって取り組んで行きます。
引き続き応援をよろしくお願いいたします。



【次節のお知らせ】
5/6(日)
vs 横浜GSFCコブラ(AWAY)
かもめパークにて14:00ko

2018年4月17日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 日立ビルシステム「あと少し」

エスペランサSC vs  日立ビルシステム
関東サッカーリーグ2部・前期第3節 [AWAY]
2018/4/15(日) 11:00 kickoff
日立ビルシステム大宮総合グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 0−1
合計 0−1

【得点】
58分 18堀(日立ビルシステム)

【警告】
30分 11坂本(エスペランサSC)
69分 4佐藤(エスペランサSC)
72分 88鈴木(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
27 市木 良
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
26 矢野 達基
88 鈴木 心
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
15 麻生 大暉
29 横山 嘉則
19 吉瀬 優大
70 中島 ひかり

【交代出場】
13分  90→11 坂本 貴則
76分  26→70 中島 ひかり
88分  27→19 吉瀬 優大

【試合レポート】
開幕から2試合勝利することができていないエスペランサSC。
対戦相手の日立ビルシステムは昨年の全社予選でも対戦し、悔しい思いをさせられた。
今節こそ勝利を掴んで波に乗りたい。

試合は序盤からエスペランサがペースを握る。
立ち上がり早々には4佐藤のクロスに90ルーカスが頭で合わせてポスト直撃のシュートを放つなど上々の立ち上がり。
しかし前半10分頃にアクシデント。90アラウホ ルーカスが怪我により交代となり早い時間でカードを切らざるを得なくなる。
その後はFKやCKなどからチャンスを作られる場面も出てくるが、エスペランサは流れの中からチャンスを作っていきペースを握り続ける。
それでも得点することはできず、スコアレスでハーフタイムへ。

後半も前半同様エスペランサペースで試合は進んでいく。
しかし後半13分。相手のクリアボールに走りこんだ相手選手に一瞬の隙を突かれて失点。
良い流れで試合を進めていた中で先制を許す。
その後もペースを握り、得点の予感がするチャンスを作っていく。
11坂本がペナルティーエリア内でファールを受けたように見える場面もファールはもらえず。
途中出場の70中島のクロスバー直撃のヘディングシュートや、22吉野のヘディングシュートも得点とはならず。
最後までチャンスを作り続けながらも追いつくことはできず0-1で試合終了。

今節も勝利することができなかった。
試合を通してペースを握り続け、内容で上回っていてもあと少しのところで勝ちきれない。
そのあと少しのところを詰めていく必要があるのかもしれない。
これで開幕3試合で勝ち点1。開幕ダッシュを切ることに失敗した。
しかし下を向かずチームとして全力で取り組む以外に道はない。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
次節は1週間空いて4/29(日)となります。
かもめパークでのホームゲームとなりますので、ぜひ会場での応援をお願いいたします。


【次節のお知らせ】
4/29(日)
vs エリース東京(HOME)
かもめパークにて11:00ko

2018年4月10日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs TUY「ホーム開幕戦」

エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・前期第2節 [HOME]
2018/4/8(日) 14:00 kickoff
保土ヶ谷公園サッカー場

公式記録

アルバム

【結果】
前半 0-1
後半 1−1
合計 1−2

【得点】
22分 10冨樫(TUY)
83分 8平山(TUY)
90分 4佐藤(エスペランサSC)

【警告】
50分 22吉野(エスペランサSC)
55分 88鈴木(エスペランサSC)
74分 10冨樫(TUY)
90+1分 20町田(TUY)

【退場】
21分 47江川(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
22 吉野 裕太郎
2   玉川 由
47 江川 真矢
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88 鈴木 心
17 井村 勇斗
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
4   佐藤 鷹司
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
24 山本 和委
26 矢野 達基
29 横山 嘉則

【交代出場】
58分  27→11 坂本 貴則
62分  17→4 佐藤 鷹司
74分  22→26 矢野 達基
80分  90→24 山本 和委
90分  9→29 横山 嘉則

【試合レポート】
2018年シーズンホーム開幕戦。
アウェイでの開幕戦は引き分けに終わったが、ホーム開幕戦で今季初勝利を掴み勢いに乗りたい。たくさんのイベントも開催され多くのサポーターで盛り上がる保土ヶ谷での勝利を目指す。

エスコートキッズはエスペランサの下部組織ダビデFCの4年生が中心。


キックインセレモニーは、本郷台キリスト教会の池田博先生がかっこよく務めてくださいました!






ハーフタイムには、ジュウジカくんとともに抽選会!


試合は立ち上がりの数分でヒヤリとする場面を作られるなど、相手ペースでスタートするがコンパクトな陣形での守備で耐える。
その後は徐々にボールを保持する場面も出てくる。セットプレーからポスト直撃のチャンスを作るがエスペランサも得点までは至らない。
前半21分にはペナルティーエリア内でファールを取られた47江川 真矢が一発レッドで退場となる。このPKを決められて先制を許し、残り時間の多くを数的不利で戦う厳しい展開に。
それでも数的不利を感じさせないのがエスペランサ。逆にセットプレーなどからチャンスを作りゴールに迫っていく。
前半のラストプレーには、9黒田 時矢の積極的なドリブルを相手DFがペナルティーエリア内で倒したように見えたがここはノーファールの判定。
0-1のまま前半が終了しハーフタイムへ。

後半も立ち上がりからエスペランサペース。
9黒田 時矢の積極的な仕掛けや、短いパスが繋がってのチャンスも作っていく。
17井村 勇斗のヘディングシュートもキーパーに阻まれる。
その後も相手陣内でプレーする時間を長く作るがなかなか得点できない。
TUYも鋭いカウンターで攻め込む場面を作る。それでも最後の最後で体を張って守り追加点を与えない。
数的不利を全く感じさせない試合運びをすることができている中で迎えた後半38分。
TUYのカウンターに耐え続けたエスペランサだったが、セットプレーの跳ね返りからのカウンターで追加点を許し0-2となってしまう。
後半45分にはCKのこぼれ球を4佐藤 鷹司が左足を振り抜いて得点。なんとかもう一点を奪いにいくがそのまま試合終了。

ホーム開幕戦を勝利で飾ることができなかった。
それでも数的不利の中で戦う姿勢を前面に出し、勝ちに出た中で見えたものは多くあるはず。
まだまだシーズンは始まったばかり。この試合で出た収穫と反省点を次の試合に勝利するために活かすしかない。


最後に本日もたくさんの応援を感謝します。
サポーターの皆さんに勝利をお届けすることはできませんでしたが、次節勝利を目指してチーム一丸となって取り組んでいきます。





【次節のお知らせ】
4/15(日)
vs 日立ビルシステム(AWAY)
日立ビルシステム大宮総合グラウンドにて11:00ko

2018年4月4日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京国際大学FC「新たな1歩」


エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・前期第1節 [AWAY]
2018/4/1(日) 11:00 kickoff
東京国際大学坂戸キャンパス第2グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0−0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
33分 90アラウホ(エスペランサSC)
35分 9中島(東京国際大学FC)
44分 13栗原(エスペランサSC)
62分 4佐藤(エスペランサSC)
87分 22吉野(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1  デーデー アンドリュー
27 市木 良
2 玉川 由
22 吉野 裕太郎
13 栗原 滉平
9 黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
29 横山 嘉則
17 井村 勇斗
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
47 江川 真矢
4 佐藤 鷹司
11 坂本 貴則
88 鈴木 心
70 中島 ひかり
26 矢野 達基

【交代出場】
HT  29→88 鈴木 心
57分  90→4 佐藤 鷹司
73分  17→47 江川 真矢
84分  13→11 坂本 貴則

【試合レポート】
待ちに待った2018年シーズンの開幕。
開幕戦の相手は昨シーズンの関東2部チャンピオンの東京国際大学FC。
初戦からアウェイで難しい相手との対戦となった。
新加入の選手も多く入り、シーズン前には関東1部のチームを相手にTRMを行うなどチームの準備に時間をかけてきただけに期待がかかる。

試合は立ち上がりからお互いにバチバチにぶつかり合う激しい展開。
なかなかボールが落ち着かず、空中戦が多くなる。
球際の部分では東京国際大学FCもエスペランサのことを意識しているようにも見える。
その中でボールを落ち着かせて先に主導権を握ったのは東京国際大学FC。
徐々にボールを保持し、チャンスを作る。
エスペランサは我慢の時間帯が続くも、なんとか攻撃に出て行く場面も作り一進一退の展開。
どちらも守備のところでは最後に体を張って守る気迫を見せる。
前半はスコアが動かず0-0で折り返す。

ハーフタイムでエスペランサは1人目の選手交代。
29横山 嘉則に変わって88鈴木 心が投入される。
後半、東京国際大学FCはゴールキーパーも含めて細かいパスを繋いで攻撃を組み立てようと試みる。
対するエスペランサは前線から連動したプレスをかけて対抗する。
相手陣地でボールを奪う回数を増やしていきたいところ。
57分には90アラウホ ルーカスに変わって4佐藤 鷹司が投入される。
10古川 頌久を前線に1枚残し中盤を厚くしたのがうまくハマり、中盤での細かいパス回しも出てくるようになる。
何度か決定的な場面を作るが、得点には至らない。
終盤には東京国際大学FCにも決定的な場面を作られ、ヒヤッとさせられる。
それでも全員で守りきり0-0で試合終了。

開幕戦は0-0の引き分けとなった。
アウェイの地で昨シーズンチャンピオン相手に勝ち点1はポジティブなものとして捉えたい。
得点こそ生まれなかったもののチャンスを何度か作り、守備においては最後まで無失点で抑えることができた。
昨シーズン味わった勝ち点1の重みを大切に今シーズンは戦っていきたい。

次節は保土ヶ谷でのホーム開幕戦。
14:00キックオフで対戦相手はTUY。
ホーム保土ヶ谷で今シーズン初勝利をサポーターの皆さんと喜ぶために全力で戦います。
ぜひ会場での応援をよろしくお願いいたします。

【次節のお知らせ】
4/8(日)
vs TUY
保土ヶ谷公園サッカー場にて14:00ko

2018年3月10日土曜日

ウクライナの強豪FCシャフタール・ドネツクがエスペランサSCと提携!

ウクライナ・プレミアリーグに所属する強豪FCシャフタール・ドネツク。
現在UEFAチャンピオンズリーグのBEST 16に残っており、間もなくBEST 8をかけて戦っています。



エスペランサSCは、この度FCシャフタール・ドネツクと提携関係を結ぶことになりました。

現在、シャフタールの育成トップは、ボカ・ジュニアーズの育成を率いていたホルへ・ラフォ氏(コキ)。現在ウクライナにおいて、非常に強力な育成組織を構築中ですが、オルテガ監督とラフォ氏との信頼関係の元、このような提携が実現しました!

提携の内容は、チーム同士の選手の交流です。
まずは遠征先として、シャフタールがエスペランサSCの選手を受け入れてくれます。

具体的には5月頃に、15歳、16歳の選手を短期で受け入れてくれることになっています。


今後、さらに友好関係が深められることを願っています。
まずは、3月14日にあるチャンピオンズリーグでシャフタールが勝利してBEST 8に進出できるように応援しましょう!!






Muchas Gracias Jorge Raffo!!!
Te deseamos muchos éxitos en Shakhtar Donetsk , Que Dios te bendiga