2018年6月19日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京23FC「全社!!」


エスペランサSC vs  東京23FC
全国社会人サッカー選手権関東予選 3回戦
2018/6/17(日) 13:30 kickoff
RKUフットボールフィールド

公式記録

写真 (@ratel_netさんより拝借。エスペランサSCについて記述してくれたこの記事もオススメです。)


【結果】
前半   2-0
後半 1−0
合計 3−0

【得点】
15分 9黒田(エスペランサSC)
37分 10古川(エスペランサSC)
72分 4佐藤(エスペランサSC)

【警告】
62分 10古川(エスペランサSC)
67分 13栗原(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
47   江川 真矢
2   玉川 由
90   アラウホ ルーカス
13    栗原 滉平
17    井村 勇斗
27   市木 良
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88   鈴木 心
10 古川 頌久
9   黒田 時矢

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
3     柿﨑 翔太
22   吉野 裕太郎
4   佐藤 鷹司
11    坂本 貴則
24   山本 和委
70   中島 ひかり

【交代出場】
56分 17→4   佐藤 鷹司
61分 9→11    坂本 貴則
73分 27→22   吉野 裕太郎
74分 88→ 3     柿﨑 翔太

【試合レポート】
ついに全社本戦出場まであと1勝。
この日の相手は関東1部の東京23FC。
関東1部の強豪チームではあるが、全社出場のために倒さなければいけない。

エスペランサはシュートを何本か放つなどとても良い立ち上がりを見せる。
とても良い入り方ができた中での前半15分。
左サイドのハーフウェーライン付近の狭いスペースを17井村、10古川、88鈴木で崩し、88鈴木が逆サイドの9黒田にグラウンダーでクロスのようなスルーパスをDFラインの背後に通す。そのボールを9黒田がダイレクトでしっかり決めて先制に成功する。
先制後、さらにエスペランサは勢いを増してプレスをかけていく。
そのプレスに慣れてきた相手に徐々に押し込まれチャンスを作られる場面も出てくる。
しかしそれでも慌てないエスペランサ。しっかりとブロックを作り固い守備を見せる。
相手の攻撃をしっかり防いだ後はチャンスがやってくる。
前半37分、88鈴木があげたCKはファーサイドに抜けていく。そのボールを拾った90アラウホ ルーカスが再び折り返すとそのボールを8オルテガ アグスティンがファーサイドで頭で中央に折り返し、最後は10古川が頭で押し込み追加点。
そのまま前半が終了し2-0でハーフタイムへ。

後半はしっかりとブロックを作り守備から入る姿勢を見せるエスペランサ。
ボールを奪ってからは積極的に前に突き進み、追加点を奪いにいく。
カウンターからピンチを迎えたり、崩されかけたりする場面も出てくるが全員で体を張って守備をする。
試合が進むにつれて両チーム激しさを増し、かなり熱い試合展開に。
それでも守備では冷静さを保ち、全員で守備を続けるエスペランサ。
またまた相手の攻撃を防いだ後にはチャンスがやってくる。
27市木が体を投げ出し奪ったボールを拾った4佐藤がクリア気味に前線に放り込む。
そのボールは相手DFに先に触られるが、10古川がファールなしでうまく相手から奪いドリブル開始。
ペナルティエリアに入ったところで切り返し、クロスボールを送る。
そこに走り込んだのは自陣でクリア気味にボールを放り込んだ4佐藤。左足で冷静に流し込んでさらに追加点。
またしても最高の時間帯に追加点を奪うことに成功した。
その後は22吉野、3柿崎を投入しより守備を固めて勝利を目指す。
最後まで全員で守備をするエスペランサ。
そして試合終了のホイッスル。

全社本戦出場権を獲得した。
リーグ戦でなかなか結果が出ずに苦しんだが、この3試合を8得点0失点と攻守両面で噛み合ったエスペランサ。
この勢いをリーグ戦に活かし、巻き返しを狙う。



この日も遠い会場にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました。
全社本戦は10月に茨城県で開催です。
引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
6/24(日)
関東2部前期7節 vs 神奈川教員SC
かもめパークにて11:00ko

0 件のコメント:

コメントを投稿