2018年6月26日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 神奈川教員SC「リーグ戦再開」

エスペランサSC vs  神奈川教員SC
関東サッカーリーグ2部・前期第7節 [HOME]
2018/6/24(日) 11:00 kickoff
かもめパーク

公式記録

アルバム (@ratel_netさんより拝借。今回もエスペランサSCについて、新たに記事を書いてくださっています。)


【結果】
前半   0-0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
24分 6田中(神奈川教員SC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27   市木 良
90   アラウホ ルーカス
2   玉川 由
13    栗原 滉平
88   鈴木 心
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
4   佐藤 鷹司
26   矢野 達基
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
99   伊能 一穂
11    坂本 貴則
3     柿﨑 翔太
18    山上 雄大
33   具志 敬士
24    山本 和委
28    塚越 英貴

【交代出場】
60分 4→33   具志 敬士
74分 26→11    坂本 貴則
83分 9→28    塚越 英貴

【試合レポート】
全社予選を見事突破し、勢いに乗るエスペランサSC。
この日の相手は同じ神奈川県を本拠地にする神奈川教員SC。
全社予選での勢いをリーグ戦でも継続し上位に食い込んでいきたい。

前半立ち上がりからボールを落ち着かせることができたエスペランサ。
右サイドを中心に突破を試みるがなかなかチャンスを作るまではいかない。
長い時間ボールを保持できているものの、突破口を見出せず攻めあぐねる。
その中でカウンターを受けてピンチを迎える場面も出てくる。
攻めきることができずにいると徐々に相手にボールを保持され我慢の時間帯。
90アラウホ ルーカスが相手の放ったシュートをゴールラインぎりぎりのところで防ぐなど、ヒヤッとする場面も作られるがなんとかしのぐエスペランサ。
ピンチの後は再びエスペランサの時間帯に。
9黒田のクロスから10古川へと渡り、シュートまで持って行く場面を何度か作りゴールに迫る。
両チームともにゴールに迫る場面を作るも得点は生れずスコアレスでハーフタイムへ。

後半立ち上がりもエスペランサが主導権を握り、試合を優位に進める。
ディフェンスラインの背後を狙うパスが何本か通ったかに見えたがオフサイドの判定となり、攻め切ることができない。
後半15分にはエスペランサユース所属の具志 敬士がTOPチームデビューを果たし、攻めあぐねる展開を打破することに期待がかかる。
後半も前半と同じく、9黒田からのクロスボールで多くのチャンスを作って行くエスペランサ。
前半よりもゴールに迫るが決め切ることができない。
1デーデー アンドリューのパントキックから10古川が抜け出し放ったボレーシュートも相手GKのファインセーブにあい得点とはならない。
最後まで得点を奪いに行くが、ここで試合終了のホイッスル。

リーグ再開初戦を勝利することができなかったが、勝ち点1を獲得した。
全社予選で得た良い流れを殺すことなくリーグ戦で結果を残さなければいけない。

この日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節は久々の保土ヶ谷ホームゲームになります。
楽しいイベントも予定されていますので、ぜひ会場での熱い応援をよろしくお願いいたします。

【次戦のお知らせ】
7/1(日)
関東2部前期8節 vs 早稲田ユナイテッド
保土ヶ谷公園サッカー場にて11:00ko

0 件のコメント:

コメントを投稿